日々読み続けるyutorisutoのひとりごと


by yutorisuto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『 人口減少社会という希望 』 広井良典 著

「人口減少社会という希望」 広井良典 著 2013.4.25 朝日新聞出版



d0256668_14314789.jpg



日本の人口は2004年に1億2784万人でピークに達し
2050年には1億人を割って9515万人になる「国立社会保障・人口問題研究所)と予想されている。

イギリスの雑誌「エコノミスト」は2010年11月の日本特集号で
「日本症候群」というキーワードとともに日本の抱える問題の本質は「高齢化」と「人口減少」にあり、
その克服は日本だけの問題ではなく、追いかけて同じ問題に直面することと泣く世界各国が注目する課題であるという主旨の議論が展開されていたという。

この著者は社会保障や環境・医療・福祉・都市・地域に関する政策研究から
時間・ケア・死生観をめぐる哲学的考察まで幅広い活動を行っており、著書も多い。

著者によればここ数年、多少の希望的観測を含むが、日本社会の空気がわずかではあるが、
「緩やかに」「ゆったり」してきているのを感じるという。
それは「拡大・成長」の強いベクトルとその圧力の下で一本道の坂道をひたすら登り続けてきた
明治維新以来の日本社会のありようを成熟あるいは定常化の時代への構造変化の兆しであると感じているようだ。

東京を中心とする都市集中型にシステムから「高齢化」と「人口減少」社会だからこそ、
ローカルなコミュニケーション、ローカルな循環型の生産システムへの方向転換が可能ではないか、と希望を感じているようだ。
確かに今こそ「経済成長への脅迫観念」から開放されて、一人ひとりの創造の時代へと再出発すべきときではないのかと気づかせてくれる一冊のように思える。

車の通行を排除し、年寄りたちがゆったりと歩くヨーロッパの古い街のイメージか?




本の森カフェ・読後川柳
「 人ゆったり 歩く街にこぞ 未来あり 」




ランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえたら嬉しいです(・∀・)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
[PR]
by yutorisuto | 2015-05-26 14:35 | 政治・社会