日々読み続けるyutorisutoのひとりごと


by yutorisuto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

『 日本人ルーツの謎を解く 』 長浜浩明 著

「日本人ルーツの謎を解く」 長浜浩明 著 2010.5.27 展転社


d0256668_1551995.jpg



著者は東京工業大学大学院卒業後、設計会社で35年余にわたり、
東京駅八重洲口をはじめとして、200余件に及ぶ建物の空調・衛生設備設計に従事した技術者である。
その合い間(?)に「文型ウソ社会の研究「古代日本{謎}の時代を解き明かす」 「脱原発論を論破する」などの著書がある多才なひとである。

この本では、日本人のルーツは朝鮮半島にあり、
「弥生時代」は米つくりとともに半島から人口の大量流入があり、
縄文人を従えて支配層を形成したという常識に対して
南方から島伝いにやってきた人々がルーツであり、
逆に一部は九州から半島に進出したとする考えからその論拠を展開している。

「水田稲作」「年代測定法・炭素14年代」「古墳」「DNA人類進化学」「Y染色体}などを検証しながら、朝鮮人ルーツ説を否定していく。

私が一番納得したのは、「日本語」である。
日本語は独自の言語体系を持つ独立した言語であるという。
弥生人が半島人の大量流入によって成立したとすれば、今の日本語はなく、朝鮮語に近いものに待っていたのではないかという私の今までの疑問が氷解したことである。

染色体の話などよく分からない部分もあるが、
日本人ルーツ論の常識を覆すひとつの主張として大変面白い読み物である。



本の森カフェ・読後川柳
「 日本語は 独自の言葉 大切に 」




ランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえたら嬉しいです(・∀・)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
[PR]
by yutorisuto | 2015-05-19 15:04 | 歴史・経済小説