日々読み続けるyutorisutoのひとりごと


by yutorisuto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『 本能寺の変 431年目の真実  』明智憲三郎

「本能寺の変 431年目の真実」」明智憲三郎 著 2013.12.15 文芸社文庫

d0256668_1258568.jpg



「時は今 雨の下しる 五月かな」 
「敵は本能寺にあり」、明智光秀が謀反により織田信長を討った「本能寺の変」はあまりにも有名だ。
謀反の理由として「暴君信長に虐げられていた」 「中国攻めの秀吉の配下に突くことを命じられた」 「光秀自身の天下人への野望」などが歴史上、定説となっている。

光秀の直系の子孫である著者が、この定説に真っ向から挑戦した力作である。
著者によれば、定説は天下人になった「秀吉」が後になって、都合のいいように書き改めたものであるとのこと。

現存する資料を読み解く「歴史捜査」の手法によって導かれるその真実は?
答えはやっぱり本書を読んでからのお楽しみにとっておきますが、結論は私達の歴史上の常識からは、全くかけ離れたものになっており、歴史好きにはたまらなく面白い読み物である。

歴史的に正しいかどうかは別として・・・・



本の森カフェ・読後川柳
「 家康は 待つだけの人でない 果敢さも 」



ランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえたら嬉しいです(・∀・)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
[PR]
by yutorisuto | 2015-05-15 13:00 | 歴史・経済小説