日々読み続けるyutorisutoのひとりごと


by yutorisuto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

『インパラの朝』(ユーラシア・アフリカ大陸684日)中村安希著

「インパラの朝」(ユーラシア・アフリカ大陸684日)中村安希著 2009.11.18 ㈱集英社



d0256668_15242541.jpg





第7回開高健ノンフィクション賞受賞作。
26歳のうら若き女性が3年間働いて貯めた160万円を用意して2年間47カ国をめぐる旅にでる。行く手は貧困と紛争、汚染や疫病、腐敗した政治とテロ、「危ない」世界である。本書の章の切れ目ごとに地図上に行程をなぞってあるが、とてつもない旅程である。
文字通り、危険と背中合わせの無鉄砲さである。よくこんな旅ができたものだと感心させられる。しかも言葉も通じない、人々の間に入っても心を通じ合って前へ進んでいく。
そのほとんどは貧しい地域、人々である。先進国、富裕国からの身勝手な国際援助やボランチィアの在り方にも疑問を感じ、単なるお金や物のやり取りではない人々との心のふれあいの大切さを感じ、訴えている部分が読む者の心にしみこんでくる。

ケニアの草原で、朝日を身体いっぱいに受けて一人、すっくとたたずむ気高く、誇り高いたたずまいのインパラにアフリカ人の誇りを象徴的にみている。
、インパラはアフリカのサバンナに生息するカモシカに似た動物で、走る時は走行速度は時速60キロメートルに達し、跳躍は高さ3メートル、幅10メートルに達する。

帯カバーに作者の写真があるが、きりっとした、なかなかの美人である。





本の森カフェ・読後川柳
「 朝日浴び 貧しさ蹴飛ばす 誇りかな 」





ランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえたら嬉しいです(・∀・)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
[PR]
by yutorisuto | 2014-07-31 15:26