日々読み続けるyutorisutoのひとりごと


by yutorisuto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『 黒衣の宰相 』 火坂雅志著

「 黒衣の宰相 」 火坂雅志著 2004.8.10 文春文庫


d0256668_13355074.jpg




禅僧(京都南禅寺住職)でありながら、徳川家康の側近として、豊臣家滅亡の引き金をひいた「方広寺鐘銘事件」を画策し、「武家諸法度」「禁中並公家諸法度」などを起草し、江戸幕府300年の礎を気付いた「金地院崇伝」の一代記である。

天下の悪僧と言われながら、自分の生き方を貫いた「崇伝」には何か惹かれるものがあり、時代物の得意な著者の筆力もあって結構分厚い文庫本であるが、一気に読ませる面白さがある。
「秀吉」や「家康」などとの交わりも興味深いし、同じ時代に活躍した、僧侶どうしの「天海和尚」や「沢庵和尚」とのかかわりも、なかなか人間味が出ていて面白い。

優れた時代物であると思う。





本の森カフェ・読後川柳
「 悪僧も それほど心は 悪くない 」




ランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえたら励みになります(・∀・)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
by yutorisuto | 2014-06-20 13:36 | 時代小説