日々読み続けるyutorisutoのひとりごと


by yutorisuto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

『 原発ホワイトアウト 』 若杉 冽 著

 「原発ホワイトアウト」若杉 冽 著 2013.9.株講談社



d0256668_15345671.jpg





「ホワイトアウト」とは気象用語で、雪や霧のためまっ白になって視界が何も見えなくなる
現象のこと。

脱藩官僚の雄、古賀繁明氏が推薦する本書は現役キャリア官僚が匿名で書いた「告発ノベル」であるらしい。

「歴史はくりかえす。
一度目は悲劇として、二度目は喜劇として(カール・マルクス)」と
本書の冒頭に引用されているとおり、「原発はまた必ず爆発する」がテーマの物語である。

物語は原子力ムラの「日本電力連盟常務理事」と「推進派のキャリア官僚」が、政治家、マスコミ、経済界、検察を巻き込んで、「福島」以後の原発再稼働に向けて権謀術策の限りを尽くす話である。
原子力ムラに逆らえば、だれであろうとスキャンダルや犯罪をでっち上げられ、蹴散らかされていく。
実際にありそうな、いやきっとあると思わせる闇の世界は本当に恐ろしい。

「伊豆田清彦新潟県知事」「山野一朗保守党一匹狼議員」「山下次郎参議院議員」など実在の
人物にかぶさる登場人物も登場し、現実味を増している。

原子力ムラに逆らうことは日本の最高権力に逆らうことに等しい。
かくして原発は再稼働するが、「二度目は喜劇」どころか国を破滅へと駒を進める爆発を予感させて幕が下りる。

タイミング良く、小泉純一郎の原発ゼロ発言がとびだしたが、今後の原発を考えるとき、国民
の全てが読んでおくべき小説である。



本の森カフェ・読後川柳
「 核のゴミ 捨てる場所なく 国ほろぶ 」




お立ち寄りくださってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえたら励みになります(・∀・)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
[PR]
by yutorisuto | 2013-11-30 15:37 | 原発問題