日々読み続けるyutorisutoのひとりごと


by yutorisuto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

『 TPP亡国論 』

「 TPP亡国論 」 中野 剛志著 2011.3.22 集英社新書


d0256668_15524899.jpg



2013.3.15、安倍総理はTPP交渉に参加を表明した。
この本の著者は経済産業省出身の経済思想家で、2年以上前からTPP反対論を展開してきた。
その理由は「アメリカの仕掛けた罠!日本はまたはまるのか!?」という点につきるようです。

アメリカの基本戦略は[輸出倍増」であり、そのターゲットは日本しかない。
なぜならその他の参加国はいずれの国内市場は小さく、一次産品輸出国であり、輸出依存国なのである。
したがってアメリカは日本への農産物輸出の拡大を狙ってTPPを仕掛けている。
他の参加国のなかには、日本と同じ利害や国内事情を共有する国はなく、提携して多数派をつくる余地もなく、不利なルールを押し付けられることになる。
TPPの狙いはアメリカが他の参加国とともに、農産物の市場開放を押し付け、日本包囲網を敷くことにある。
農業・食糧による世界支配を目論む戦略に乗せられて、農業崩壊につながる関税撤廃など、
持って他であるというのが、著者の意見のようだ。

しかし、日本が参加しなかった場合の日米関係や、農業を聖域とする日本がTPPから抜けた場合どうなるのか、という点についてはこの本からは良く分からない。

ともあれ、賽は投げられたのであり、後は推移を見守るしかないようですね!




本の森カフェ・読後川柳
「 ティティピー 助け合うのが パートナー  」




ランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします(・∀・)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
by yutorisuto | 2013-07-23 15:45 | 経済