日々読み続けるyutorisutoのひとりごと


by yutorisuto
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

『 アメリカに潰された 政治家たち 』

「アメリカに潰された 政治家たち」 孫崎享 著 2012.9.29 株式会社 小学館


d0256668_1519339.jpg



著者は「駐ウズベキスタン大使」「国際情報局長」「駐イラン大使」を経て「防衛
大学校教授」を歴任した外務省キャリアである。

外交の裏の裏を知り尽くしているはずの著者に何があったのか、
日米関係におけるアメリカのという国家の策略を赤裸々に描いており
そのタブーであるはずの恐ろしい事実を暴露しているから、非常に興味深い。

著者は、鳩山一郎・石橋湛山・芦田均・重光葵・岸信介
左藤栄作・田中角栄・竹下登・梶山静六・橋本竜太郎・小沢一郎・鳩山由紀夫を、自主独立を目指した政治家と評価している。

彼らが自主独立の動きを見せたとたん、あるいは意に反して親中国の動きを見せたとたん
何らかの工作によって失脚させられたと述べている。

確かに彼らの「失脚」の経緯を見る限りうなずけるものもあり
折から「小沢一郎事件」が無罪となったことなどを考えると確かに一概に荒唐無稽な話と、切捨てるには重すぎる。


ぜひ一読の上、自分で考えてみてはいかがですか・・・・



本の森カフェ・読後川柳
「 ポチになる 政治家だけが 生き残る 」




ランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします(・∀・)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
[PR]
by yutorisuto | 2013-05-10 15:21 | 政治・社会