日々読み続けるyutorisutoのひとりごと


by yutorisuto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

『 女王の百年密室 』 森 博嗣著

「女王の百年密室」   森 博嗣著 幻冬舎 2000.7.10


著者は工学博士にして某国立大学助教授(当時)。
理系のミステリー作家らしい科学技術をちりばめたミステリー作品である。というよりも、ミステリー仕立ての空想科学小説と言ったほうがあたっているようです。

時は未来のある日、主人公とそのパートナーであるロボットはコンクリートで囲まれた不思議な都市に紛れ込む。
そこは女王によって統治される豊な楽園で、住民は何の心配もなく幸福な日常を送っている。その楽園にはかつて主人公に重傷を負わせ、その恋人をはじめ多くの殺人を犯し逃亡した犯人が何食わぬ顔で暮らしていた。
その都市には犯罪というものがなく、殺人犯でも咎められることはない。
物語は女王の住む塔で、王子が殺され、その犯人をめぐって、追うものと追われるものの葛藤の中を展開して行き、やがて殺人犯をころしたものの、自らも傷つき、ロボットに伴われて、街を出て行く。

追うものと追われるものが殺しあう結末はともかく、ミステリー仕立てのストーリーの
中で何かが起こりそうで結局は何も起こらない中盤が少々物足りないが、おそらくは著者は、幾ら幸福に見えても人口的に作られただけの楽園には本当の人間の人間らしさはなく、やっぱり元の世界へ戻ろうとする生き方のほうを肯定しているのではないかと思うのですが・・・・・・




yutorisuto川柳
「 神が作る 楽園よりも 人間(ヒト)らしく 」



 


miecicaaです。
ロボットとか、女王さまが、とかyutorisutoさんらしくない本なので、この本を読んでいるyutorisutoさんを想像してちょっと笑えてしまいました。


大阪は朝晩が涼しくなったせいかyutorisutoさんも体調をくずしているようなので、
「病院に行ったらどうでしょう?」と言ったら
「気が向いたら、その気になったら・・」そう言って、片手に本を持って外出してしまいました。



皆様もどうぞ体調に気をつけて下さいね。







ランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします(・∀・)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
[PR]
by yutorisuto | 2012-09-25 13:13 | 小説