日々読み続けるyutorisutoのひとりごと


by yutorisuto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ニューヨーク地下共和国 (上・下) 梁 石日 著



「ニューヨーク地下共和国 (上・下)」 梁 石日(ヤン ソギル)著 講談社2006年



壮大な構想の娯楽大作である。
2011・9.11.同時多発テロ後のアメリカ、保守政権はネオコンや産軍共同体などに後押しされて、イラク・アフガニスタン戦争のに邁進する。
これに対してニューヨーク地下共和国を名乗るテロ組織が「自由の女神像爆破」などテロ行為を立て続けに成功させる。

 物語の舞台を回すのは、18の民族の混血の自由人「ゼム」と黒人の戦争カメラマン「ジャック」。二人の周囲では、戦争に反対して、戦争を推し進める権力に立ち向かおうとする仲間たちが次々と殺されていく。 
最後に「ゼム」も地下共和国のメンバーとともに巻き込まれて警察の手にかかって死んでしまう。

保守政権とそれに対抗する反体制派や反戦派の血みどろの戦いのバックに9.11のテロをも裏で演出したと暗示されている「ネオコン」とその周辺の陰の力がBGMとして流れ続ける。


かなり無理な設定もあるが、娯楽読み物としては一気に読ませる大作である。




yutorisuto川柳 「 テロでさえ 裏でいと引き 金儲け 」


 












ランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします(・∀・)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村




 
[PR]
by yutorisuto | 2012-07-02 15:57 | 小説