日々読み続けるyutorisutoのひとりごと


by yutorisuto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

親鸞 (上・下) 五木寛之著・講談社

親鸞 (上・下) 五木寛之



森のcafe・川柳
    「 真宗に至らぬ 親鸞 優しすぎ 」




 帯カバーに「全国27新聞に連載、二千四百万読者が熱狂した長編、ついに刊行」
とあったので大いに期待しながら読み始めた。

9歳で比叡山での仏門の修行を始め、幼年期の「日野忠則」から「範宴」「綽空」「善信」「親鸞」と名を変えながら成長し
師の「法然」と共に「念仏宗」弾圧により、罪を得て越後へ流されるところまでがエピソードをつないで描かれている。

今、日本で一番信者数の多い「浄土真宗」の創始者「親鸞」のもっと荒々しい生き方を期待していたのに全くの期待はずれ・・・・。
放埓の血筋と言いながら、優しすぎて頼りない「親鸞」では物足りない。

子供の頃、胸躍らせた歴史物の「豊臣秀吉」や「織田信長」の「大人バージョン」として楽しめるならオススメです。










ランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします(・∀・)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
[PR]
by yutorisuto | 2012-06-04 13:20 | 時代小説