日々読み続けるyutorisutoのひとりごと


by yutorisuto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「人口減少社会という希望」 広井良典 著 2013.4.25 朝日新聞出版



d0256668_14314789.jpg



日本の人口は2004年に1億2784万人でピークに達し
2050年には1億人を割って9515万人になる「国立社会保障・人口問題研究所)と予想されている。

イギリスの雑誌「エコノミスト」は2010年11月の日本特集号で
「日本症候群」というキーワードとともに日本の抱える問題の本質は「高齢化」と「人口減少」にあり、
その克服は日本だけの問題ではなく、追いかけて同じ問題に直面することと泣く世界各国が注目する課題であるという主旨の議論が展開されていたという。

この著者は社会保障や環境・医療・福祉・都市・地域に関する政策研究から
時間・ケア・死生観をめぐる哲学的考察まで幅広い活動を行っており、著書も多い。

著者によればここ数年、多少の希望的観測を含むが、日本社会の空気がわずかではあるが、
「緩やかに」「ゆったり」してきているのを感じるという。
それは「拡大・成長」の強いベクトルとその圧力の下で一本道の坂道をひたすら登り続けてきた
明治維新以来の日本社会のありようを成熟あるいは定常化の時代への構造変化の兆しであると感じているようだ。

東京を中心とする都市集中型にシステムから「高齢化」と「人口減少」社会だからこそ、
ローカルなコミュニケーション、ローカルな循環型の生産システムへの方向転換が可能ではないか、と希望を感じているようだ。
確かに今こそ「経済成長への脅迫観念」から開放されて、一人ひとりの創造の時代へと再出発すべきときではないのかと気づかせてくれる一冊のように思える。

車の通行を排除し、年寄りたちがゆったりと歩くヨーロッパの古い街のイメージか?




本の森カフェ・読後川柳
「 人ゆったり 歩く街にこぞ 未来あり 」




ランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえたら嬉しいです(・∀・)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
[PR]
by yutorisuto | 2015-05-26 14:35 | 政治・社会
「日本人ルーツの謎を解く」 長浜浩明 著 2010.5.27 展転社


d0256668_1551995.jpg



著者は東京工業大学大学院卒業後、設計会社で35年余にわたり、
東京駅八重洲口をはじめとして、200余件に及ぶ建物の空調・衛生設備設計に従事した技術者である。
その合い間(?)に「文型ウソ社会の研究「古代日本{謎}の時代を解き明かす」 「脱原発論を論破する」などの著書がある多才なひとである。

この本では、日本人のルーツは朝鮮半島にあり、
「弥生時代」は米つくりとともに半島から人口の大量流入があり、
縄文人を従えて支配層を形成したという常識に対して
南方から島伝いにやってきた人々がルーツであり、
逆に一部は九州から半島に進出したとする考えからその論拠を展開している。

「水田稲作」「年代測定法・炭素14年代」「古墳」「DNA人類進化学」「Y染色体}などを検証しながら、朝鮮人ルーツ説を否定していく。

私が一番納得したのは、「日本語」である。
日本語は独自の言語体系を持つ独立した言語であるという。
弥生人が半島人の大量流入によって成立したとすれば、今の日本語はなく、朝鮮語に近いものに待っていたのではないかという私の今までの疑問が氷解したことである。

染色体の話などよく分からない部分もあるが、
日本人ルーツ論の常識を覆すひとつの主張として大変面白い読み物である。



本の森カフェ・読後川柳
「 日本語は 独自の言葉 大切に 」




ランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえたら嬉しいです(・∀・)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
[PR]
by yutorisuto | 2015-05-19 15:04 | 歴史・経済小説
「本能寺の変 431年目の真実」」明智憲三郎 著 2013.12.15 文芸社文庫

d0256668_1258568.jpg



「時は今 雨の下しる 五月かな」 
「敵は本能寺にあり」、明智光秀が謀反により織田信長を討った「本能寺の変」はあまりにも有名だ。
謀反の理由として「暴君信長に虐げられていた」 「中国攻めの秀吉の配下に突くことを命じられた」 「光秀自身の天下人への野望」などが歴史上、定説となっている。

光秀の直系の子孫である著者が、この定説に真っ向から挑戦した力作である。
著者によれば、定説は天下人になった「秀吉」が後になって、都合のいいように書き改めたものであるとのこと。

現存する資料を読み解く「歴史捜査」の手法によって導かれるその真実は?
答えはやっぱり本書を読んでからのお楽しみにとっておきますが、結論は私達の歴史上の常識からは、全くかけ離れたものになっており、歴史好きにはたまらなく面白い読み物である。

歴史的に正しいかどうかは別として・・・・



本の森カフェ・読後川柳
「 家康は 待つだけの人でない 果敢さも 」



ランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえたら嬉しいです(・∀・)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
[PR]
by yutorisuto | 2015-05-15 13:00 | 歴史・経済小説