日々読み続けるyutorisutoのひとりごと


by yutorisuto
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「里山資本主義」 藻谷浩介 NHK広島取材班 著 2013.7.㈱KADOKAWA



d0256668_14163612.jpg




キーワードは「マッチョな20世紀からしなやかな21世紀へ」。
ひたすらアメリカ型のマネー至上主義のグローバルスタンダードに踊らされて、成長を追い求めて世界第2位の経済大国へと登りつめた日本。
その結果、バブルが崩壊した後は、少子高齢化の波とともに荒廃した田舎と荒廃しつつある都会を目の当たりにして、立ちすくんでいるのが今の日本である。

こんな中で「夢よもう一度」とばかり、成長々々と叫ぶ政治家や一部の評論家とは一線を画し、「里山」に戻れと主張するこの本は一読すべきものだと思う。

そのモデルとしてヨーロッパの人口1000万人に満たない小国ではあるが、2009年のギリシャ危機がきっかけとなったヨーロッパの大混乱の中、安定した経済を維持しているオーストリアが紹介されている。

一人当たりGDPは日本の17位をしのぐ11位(2011年ジエトロ発表)。
10年前まではこの国もエネルギーを石油やガスに頼っていたのだが、今は最も身近な資源である木材を大切に使って技術開発を進め、木材ペレットによってエネルギーを賄い、雇用を増やし、石油やガスの輸入代金の向上に振り回されることもなく、近くのチェルノブイリの原発事故の恐怖から、脱原発を実現しているのである。

もちろん山間の小国であるオーストリアと10倍以上の人口をもつ日本とを一緒にできないと言うことはあるでしょうが、日本でも今、田舎(里山)を見直す動きも少しずつではあるが、広がってきており、他国にはない海洋資源の可能性も大きい。

アメリカ型の資本主義ではなく、日本独自の「里山資本主義」の必要性を示唆する必読の書であると思う。




本の森カフェ・読後川柳
「 里山を 放置するトガ 後世に 」
「 里山を 大事にすれば 笑顔になれる 」




お立ち寄りくださってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえたら励みになります(・∀・)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
[PR]
by yutorisuto | 2014-02-06 14:25 | 経済

「 本当は怖い『糖質制限』 」岡本 卓 著 2010.3.3 ㈱角川書店



d0256668_1437253.jpg




糖尿病治療の権威が「糖質制限はやめなさい!」と警告しています。

「末梢神経障害」「心臓病」「脳卒中」「骨粗鬆症」「認知症」「うつ病」「がん」になり、
死亡率が上昇するそうだ。

それでもあなたは「糖質制限」を実行しますか?

世は「ダイエット」ならでは日の明かない日はないという大ブーム。
かく言う私も何度か取り組んだ一人ですが・・・・

その中でもアトキンスダイエットに代表される糖質制限食や高タンパク質食、低タンパク質食、高脂肪食、低脂肪食が流行っているそうだ。

なかでも国内外国で、一番関心を集めているのは糖質制限ダイエット。
雑誌などでは「炭水化物を減らせば痩せる」「肉やアルコールもOK」ともてはやされているが、、本当にこのダイエットは安全か世界中の研究者の関心を集めているという。

危険性が報告されているとすれば、やっぱりこの本を読むのが先なのでは?






本の森カフェ・読後川柳
「 ダイエット できれば何でも やってやる 」






お立ち寄りくださってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえたら励みになります(・∀・)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
[PR]
by yutorisuto | 2014-02-04 14:38 | 医療・医学