日々読み続けるyutorisutoのひとりごと


by yutorisuto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:原発問題( 4 )

 「原発ホワイトアウト」若杉 冽 著 2013.9.株講談社



d0256668_15345671.jpg





「ホワイトアウト」とは気象用語で、雪や霧のためまっ白になって視界が何も見えなくなる
現象のこと。

脱藩官僚の雄、古賀繁明氏が推薦する本書は現役キャリア官僚が匿名で書いた「告発ノベル」であるらしい。

「歴史はくりかえす。
一度目は悲劇として、二度目は喜劇として(カール・マルクス)」と
本書の冒頭に引用されているとおり、「原発はまた必ず爆発する」がテーマの物語である。

物語は原子力ムラの「日本電力連盟常務理事」と「推進派のキャリア官僚」が、政治家、マスコミ、経済界、検察を巻き込んで、「福島」以後の原発再稼働に向けて権謀術策の限りを尽くす話である。
原子力ムラに逆らえば、だれであろうとスキャンダルや犯罪をでっち上げられ、蹴散らかされていく。
実際にありそうな、いやきっとあると思わせる闇の世界は本当に恐ろしい。

「伊豆田清彦新潟県知事」「山野一朗保守党一匹狼議員」「山下次郎参議院議員」など実在の
人物にかぶさる登場人物も登場し、現実味を増している。

原子力ムラに逆らうことは日本の最高権力に逆らうことに等しい。
かくして原発は再稼働するが、「二度目は喜劇」どころか国を破滅へと駒を進める爆発を予感させて幕が下りる。

タイミング良く、小泉純一郎の原発ゼロ発言がとびだしたが、今後の原発を考えるとき、国民
の全てが読んでおくべき小説である。



本の森カフェ・読後川柳
「 核のゴミ 捨てる場所なく 国ほろぶ 」




お立ち寄りくださってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえたら励みになります(・∀・)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
[PR]
by yutorisuto | 2013-11-30 15:37 | 原発問題
「デッドライン」 建倉 圭介著 2006.7.30 ㈱角川書店



久し振りに面白い小説に出会ったという感じがする。
太平洋戦争の末期、欧州戦線の日本人部隊で戦い、傷を負って帰米した日系アメリカ人の
命からがらの日本への脱出の冒険物語。


ふとしたことから、「原子爆弾」の製造・完成の機密を知ってしまった彼は、自分の子供を
夫やその父母によって、日本に連れ去らた混血の女性を伴って、日本に原爆完成の事実を
知らせて、一刻も早く降伏するよう伝えるための脱出行をアラスカからスタートする。

秘密を守ろうとする米軍の追跡をやっと振り切りたどりついたのが、南樺太。その当時日本領
であったが、スパイと疑われ日本軍に拷問されたりの難の末、当時の米内海軍大臣に情報を
伝えることに成功するが、当時の日本では、即降伏とはならず、本人は広島で原爆によって
殺されてしまう。

広島と長崎には間に合わなかったが、その他の都市に投下されることは防げたのである。

「いくらなんでも、それは無理やろ~」という部分も多少あるが、冒険小説としてはハラハラ
ドキドキで、良くできた小説である。




本の森カフェ・読後川柳
「 怖いのは 原爆よりも 人のこころ 」





ランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします(・∀・)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
[PR]
by yutorisuto | 2013-09-21 15:34 | 原発問題
「原発と日本はこうなる」 河野 太郎著 講談社 2011.11.21



現職の衆議院議員である河野太郎氏は私の期待する自民党議員の一人であるが、どうして自民党なの?っていうくらい自民党の政策に逆らっている。その一つが「反原発」である。

この本では、いわゆる「原子力村」の住人が過去40年ほどの間にどれだけの事故を起こし
それをどれだけ隠蔽し、或いはごまかそうとしてきたかを個々の事例ごとに解き明かしている。
また政界・官界・産業界・学会・マスコミにまたがる「原子力村」の実態や電気料金を決める「総括原価方式」という「うちでの小槌」で電力会社が原発推進のためにどのようにお金を垂れ流してきたか、さらに大金を投じたいわゆる核燃料サイクルがいかに失敗続きで無駄になっているか、などを解き明かしてくれる。

放射性物質であふれそうな使用済み核燃料プールがどれだけ危険か、本当に福島の事故が
起きるまで、国民は知らされずにもう既に、手遅れになりつつある
しからば原子力ナシで私達の生活は成り立つのだろうか?

著者は太陽光・風力・地熱・波力・小水力などの発電で充分まかなえる可能性があると説く。
日本は原子力に傾注しすぎて、これらの再生可能エネルギーへの取り組みで後塵を拝しているそうだ。

原発について学習するためにはなくてはならない本であると考えるとともに、この河野太郎氏は今後、大いに期待できる政治家であると感じました。



yutorisuto川柳
「 原発は 誰が望んで 再稼動 」








ランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします(・∀・)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
[PR]
by yutorisuto | 2012-10-11 13:54 | 原発問題
「 騙されたあなたにも責任がある 」小出 裕章著 幻冬舎 2012年


 「原子力の平和利用を夢見た」原子力の研究者である著者はその危険性に気づき、原子力の専門家としての立場から危険性を40数年にわたり訴え続けてきた。
京都大学原子炉実験所助教という冷遇されたポストのままで・・・・・

 しかし3.11の福島原発事故はようやく「小出先生」を世に押しだした。
「原子力の場にいた一人の人間として、このような汚れた世界を残してしまったことをお詫びしたい」という贖罪の気持ちが小出氏を強く反原発の運動へと動機付けているようです。
その上でこの著書では、広島原爆の100発分を越える放射性物質を撒き散らしておきながら、その情報を隠し今後も原発を稼動し続けようとする「電力会社」「政府・官僚」その他のいわゆる「原子力ムラ」を指弾している。

 しかし「小出先生」は返す刀で私達国民にも「だまされたあなたも悪い」と切りつける。

 確かに「政府」「官僚」「財界」「学会」「報道」などの深い癒着の構造に「気づかず」或いは「見ぬふり」をして「原子力ムラ」の跋扈を許してきた私達の責任は重い。
今、急に責任と言われても困ってしまうが、今エネルギーが欲しいと言って、子孫にツケを回すような原子力体制を続けてよいかどうかを考える辞めに是非読んで欲しい1冊である。



yutotrisuto川柳
   「 原発は すぐにやめても 永久のゴミ 」














ランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします(・∀・)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
[PR]
by yutorisuto | 2012-06-30 13:33 | 原発問題