日々読み続けるyutorisutoのひとりごと


by yutorisuto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

『 キレイゴトぬきの農業論 』 久松 達夫著

「キレイゴトぬきの農業論」久松 達夫著 2013.9.20 新潮新書

d0256668_1527560.jpg


29歳で農業へ転身した著者は年間50品目以上の有機野菜を栽培し、会員と東京都内の飲食店に直接販売する。
うまい野菜の条件としては①時期(旬)②品種③鮮度だと考えている。
日本の能雹に関する議論は誤解に基づき、神話に満ちている。誤解1.有機農法なら安全で美味しい
2.農家は清貧な弱者である。3.農業には体力が必要である。

安全と安心は違うと説く著者は、「有機だから安全」はウソだという。
どの程度安全かといえば、適正に農薬を使った普通の農作物と同程度に安全であるそうだ。「有機だからうまい」というのも神話に過ぎない。
安全は客観的なものであり、安心は主観的なもので、別な概念である。

斜陽といわれて久しい日本の農業だが、「人と土地の流動化」によって自由な競争環境を作れば新規参入や新しい取り組みが増え農業はもっと強くなると本書は説いている。
「こんな面白い農業なのに、どうしてみんなやらないのだろう」久松農園の女性農場長のセリフである。
彼女は農業キャリア1年半の小柄でかわいらしい女性だそうである。

著者は「エロうまい野菜」作りを目指しているそうである。
その心は本を読んでください。



本の森カフェ・読後川柳
「 エロうまい 野菜は作る 好き嫌い 」





ランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえたら嬉しいです(・∀・)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
[PR]
by yutorisuto | 2014-08-15 15:29