日々読み続けるyutorisutoのひとりごと


by yutorisuto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

『 松籟の如し(異能の商人 岩田孝八) 』猪飼聖紀著

「 松籟の如し(異能の商人 岩田孝八) 」 猪飼聖紀著 1988.11.20 ㈱四海書房



d0256668_13285157.jpg




終戦直後の昭和21年神奈川県平塚の駅前の焼け跡で「かき氷や」からスタートして「スーパー長崎屋」やコンビニの「サンクス」などんぽ一大流通チェーンを作り上げた創業者の一代記である。

松籟とは松林の中を吹く風の音のことであり、ひたすら本音を貫きとおした硬骨の商人・岩田の生きざまを表現したものであるが、その岩田は旧制高校受験に失敗し、失意のうちに応召した軍隊では、悪夢のような悲惨な体験もしており、厳しくはあるが、人間味のある彼の生き方のもととなっているようだ。

成功者の出世物語ではあるが、それだけではない魅力ある一代記となっている。
それにしても、やっぱり軍隊はいやだよね!





本の森カフェ・読後川柳
「 湘南の 風は松籟 厳しけり 」







ランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえたら励みになります(・∀・)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
[PR]
by yutorisuto | 2014-06-26 13:28 | 自伝